不動産売却を成功させるポイントを徹底解説!

金融機関が協力的

間取り

不動産価格に影響される

福岡で不動産の任意売却が増加しています。背景には不動産価格の上昇があります。銀行や信用金庫などの金融機関は担保として取得している不動産の価格が上昇していますので、返済が滞っている取引先に対する債権の回収額が増加する傾向にあります。マイナス金利の影響で金融機関の収益環境が厳しくなっているのは福岡も例外ではありません。そのような環境において、延滞債権を担保不動産の処分によって回収することは、収益を上げることと同義になります。福岡の地域金融機関は地域内の不動産価格の上昇を背景に任意売却を積極的に進めています。金融機関は債権回収に懸念が生じた場合には、担保不動産を競売することによって債権回収することも可能ですが、手間がかかる上に、競落価格は市場価格を下回ることが一般的です。そのため、金融機関は債務者による自主的な担保不動産売却である任意売却を認めることが少なくありません。一定の期間内に競売で売却されると想定される価格以上で不動産を任意売却できるのであれば、金融機関にとって競売よりも得策であると言えます。福岡で任意売却が増加しているのは、金融機関の経営環境が厳しくなっている環境において、不動産価格が上昇していることが要因であると言えます。任意売却を金融機関が債務者に対して認めるためには、金融機関と債務者が円満な話し合いができる関係にあることが不可欠です。少しでも多くの債務を不動産売却によって弁済することは債務者にも金融機関にもメリットがあります。

Copyright© 2017 不動産売却を成功させるポイントを徹底解説! All Rights Reserved.